・コトブキヤ・ワンコインフィギュアシリーズ・女神転生悪魔召喚録



ああ、これだよこれ。私が欲しかったのは、「世界の神話」でも「デモンズクロニクル」でも当然「デジタルデビ ルアナラ
イズ」でもなくて!これなんである。
ああ、期待して待ってて本当に良かった。



  ・ジャックフロスト&ジャックランタン
  
 

   
 イギリスやアメリカに現在も伝わっている、いわゆる「おばけ」の代表のようなもの。
ジャックフロストは見てのとおりの雪の精。ジャック・オ・ランタンは日本で言えば鬼火、浮遊する霊魂のような 存在。
こういった存在はウィル・オ・ウィスプなどとも呼ばれている。ダンバインのあれとはもちろん関係ない。ハロ ウィンのお
ばけカボチャと同一視される辺りに、その存在が人々に浸透していることが理解できる。スパイダーマンの敵にも いま
すしね。ジャック・オゥ・ランタン。
メガテンではジャックフロストは「女神転生2」から、ランタンは「真女神転生」から登場。お馴染みのこの姿に なったの
は「真〜」から。それ以降はメガテンのみならず、アトラスの、ついでにプリクラのマスコットキャラとして活 躍。ジャック
ブラザーズとしてはもう一人、外道ジャックリッパーという御方もおられるけれど、無視されること多し。
 
フィギュアの方は、500円にしてはボリューム不足の感は否めないけれども、メガテン悪魔を立体化するのなら ば、ま
あ、鉄板ともいえる存在なのでやむなしという所でしょうか。これより一回り大きいぐらいのフロストが単体でア ソート
に組み込まれたりするのに比べれば充分良心的。
ランタンの構造の細かさ辺り、その分をカバーするかのように細かくきちんと作られていたりするのも感心。宣伝 文句
風に言うのならば、ファンならゲットしておくべき、という感じでしょうか。

でも、下写真。この「もう一人の兄弟」への扱いはひどいと言うべきか、せめてもの、と言うべきか(笑)







    ・ロキ  
  


   
神話知らん人にもおなじみ、北欧神話のトリックスター。
古代北欧から信仰されていた神々ではなく、神話が伝承されていく中で詩人たちによって付け加えられていった神 格
であるらしい。
神々の敵対者である巨人族の出身であるが容姿が美しいため、主要な神々の一族であるアース神族の一員として
数えられるようになったという。どこの国もいつの時代でも人間も神もやっぱり顔が重要である、ということだろ う。
ダークヒーロー、アウトロー、そして美形と、腐女子的萌え要素を多大に含んでいるため、現在でも(むしろ、現 在でこ
そ?)強いオタ人気を誇っているが、神話中では主神オーディンの義兄弟という立場にありながら、邪悪な奸計を 張り
巡らせてオーディンの息子をぬっ殺したり、牝馬に化けて、牡馬と交わって(!)かの名馬スレイプニルを産んだ り、と
いったド鬼畜&ド変態ブリを発揮することの方が多いような。

メガテンシリーズでは、これだけの有名キャラにもかかわらず、イベントで登場するのは初代「女神転生」位か も?原
作小説第1巻のボス、という記念すべきキャラでもあるのだが・・・SFC版「真〜」ではオーディンのリデコ キャラだった
ので原画無し、という不遇具合だった。
この姿は、「デビルサマナーソウルハッカーズ」に登場した際のものである。

メガテン悪魔、私は基本的にSFC時代のデザインに愛着があるのだけれども、このロキのデザインは結構好き だった
ので立体化は嬉しい所。フィギュアも当然のように普通によく出来ています。
でもこれ、何かに似てるような気がするんだよなあ、なんだろうか。モヤモヤする。
   








     ・パズス
      
メソポタミア、アッシリアの疫病の悪魔。奥さんも同じく病の悪魔であるラマシュトゥ。
4枚の鳥の羽と鷲の爪、角を生やしたライオンの姿をしている。また、サソリの尻尾や蛇の頭も生やしているとさ れる
が、元ネタであるルーブル博物館所蔵のパズス像にもそれらのパーツが付いていないため、このパズスからは省か
れているのだろう。
悪魔学関係では名を連ねることが多かった悪魔では決して無かったのだが、映画「エクソシスト」で、太ったり、 環境
保護運動家になったりする前のリンダ・ブレアに取り付いたことで、有名な悪魔となった。その後もゴッドサイ ダーなん
かで活躍。でも、あのデザインはあんまりだ。
メガテンでは、FC「女神転生2」における物語序盤の超重要キャラとして登場。主人公とその友人を導くが、実 はそれ
は自身が東京の支配権を勝ち取るためでしかなく、結局は反旗を翻した主人公によって首をすっとばされてしま う。
その後のシリーズでは、特にこれといったイベントは無いが、基本的にイラストはすべて流用である「真〜U」→ 「真
〜If...」通常悪魔の内で唯一、新たに原画が作り起こされていたり、と妙に優遇されていたり(?)
この姿は、その中から「If...」などで登場した姿をモチーフにしている。

フィギュアは・・・多分、今回一番の不人気アイテムになりそう(´・ω・`)
この中では、知名度も決して高い方ではないし、知らん人が見たら「いよぅ」って感じに手を振っている気さくな ライオ
ンさんにしか見えないからなあ。出来は決して悪くないのであるが(ベースにも変にこだわってる辺り、手は抜い てい
ないですよ、という強い主張が感じられます)。
なんとなく、とらのあながバフォメット出していなかったら、この枠で出ていたような気がする今日この頃。


      


 
          ・メアリ
              
「デビルサマナー」シリーズに登場する悪魔合体師、ヴィクトルの助手として業魔殿で働くメイドさん。「ソウル ハッカー
ズ」に登場。
基本的にメイドさんというものは、必要以上に元気(かつ、ドジ)か、冷静沈着テキパキさんかのどちらかである が、幾
らなんでもメガテンで前者はありえない、というわけで(何が?)。
そういったキャラのウリは当然!喜怒哀楽の感情表現の欠如からくる表情の少なさになるわけですね。はい。
もっとも、彼女はヴィクトルが製作した人造人間なので、それも当たり前のような気もしますが。
「ソウルハッカーズ」がSSからPSへ移植される際に、彼女のイベントもちょっと付け足されていたりします。
なお、名前は「フランケンシュタイン」の作者、メアリー・シェリー女史から。   

フィギュアの方は、「その筋の人」からすれば今回一番のお目当てアイテムになるんでしょうけど、残念ながら、 その
手の人たちが(´・ω・`)となってしまうポイントがあったりもします(ヒント:足とスカートの分割)。
なんか、私の写真の撮り方が下手なせいで顔色が普通に明るくなっちゃいましたけど、実物はちゃんと顔色悪く仕 上
がっておりますので、ファンの人も安心ですよ。







           ・ネコマタ
           
 
         
         
長い年月を生きた猫が、物の怪へと変化したもの。尾が二つに分かれているとされる所からこの名前がついてい る。
メガテンシリーズでは、妖精ピクシーと彼女は高い頻度で全く違った姿が描かれることでファンにはお馴染み。
ピクシーはとらのあな版でやられちゃったので・・・という感じでしょうか。あれのピクシーは酷かったので、こ ちらでやり
直してくれても何の問題も無かったのですが。
ちなみに、この姿は「真U」「If...」などで登場した、もっとも有名なもので、ファンブックの表紙などで もお馴染みのもの
である。
フィギュアは、見ての通り。メアリに足りないものを補ってくれる、とでもいうような感じ。ぱんつはいてない。


  





       ・ルシファー
      


     


      


     
       説明不要。宵の明星、光を掲げる者にして地獄の魔王。
 オリジンの解説はその内、別コーナーですることになるんだろうから省略。
メガテンシリーズでは、「女神転生」ではラスボス(性格も容姿もその後のルシファーとはまるっきり別物だ が)、「2」で
終盤のボス、かつ、展開次第では最強の仲魔になる、という燃え展開。「真」ではその真の姿をエンディングまで 現す
ことは無く、人間ルイ・サイファーの姿をとって主人公と接触。「真U」では、中盤からルイ・サイファーとして 物語に登
場するが、終盤、主人公たちの前にその姿を現し、最後の決断を迫る存在となる・・・という、まさにルシファー らしい活
躍を見せてくれる。
その後、シリーズが、スケールをマクロからミクロへ視点を移していったのもあって、本格的な登場は少なくなっ てしま
いましたが、「偽典・女神転生」での顔見せ程度のちょい役や「NINE」「真〜Vマニアクス」などのラスボス (といえるも
のかどうか微妙であるが・・・)としても登場。なお「魔神転生」シリーズでも重要なキャラクターとして登場し ているので
ルシファンはチェックしてみても良いかも。
この姿は、「真U」終盤、ルシファーと手を結ぶことを拒否した際に、美しい天使の姿から一転、凶悪な姿へと変 化し
て見せた戦闘形態。その後も「If...」や「マニアクス」などにはこの姿で登場。


 とにかく、キターとしか言いようがありません。最高。文句無し。コトブキヤマンセー。大満足。
発表時はデザインがデザインなだけに「小さくなっちゃいそうだなあ(´・ω・`)」とか思ったものですけれど も、いえい
え、なかなかのボリューム感です。いや、もう、いきなりこれをやられちゃあ、手放しで褒めちゃうしか。
正直な所、ルシファーというと、私としてはやっぱり天使の姿の方で、この戦闘形態(?)のデザインはそんなに は・・・
という感じだったのですけれども、これ手にしたらそんな考え吹っ飛んじゃいましたよ。ああ、これ、どうせなら スケー
ルアップしてPVC完成品で出してくれないものかなあ・・・

でも、やっぱり堕天使としての姿や、ルイ・サイファーなんかも欲しいですコトブキヤさん。ペルソナ版はいいで すけど。










          ・平将門(シークレット)
        
          
       
           たいらのまさかど(903〜940)

平安時代、朝廷への不信感から天慶の乱を起こし、自らを新皇と自称したが、朝廷の命を受けた武将、藤原秀郷に
よって討たれ、その首を京の町にさらすこととなったが、そこで脅威のジオングっぷりを発揮し、空へと舞い上が り、そ
のまま江戸へと飛んでいったとも、そこを朝廷の武人の放った神矢によって落とされたとも伝えられている。
その時首が落下した場所だと伝えられているのが、現在でも、参拝されば首から上の病気に強い効能があるとされ
ている岐阜県大垣市の御首神社である。
その他にも、将門を祭神として祭る神社は関東から中部にかけて多くあり、その内のいくつかは現在も祟りの力を 発
揮し続けているという。都会でも将門の首塚を壊して、その跡に何かを建てようなどとすると、たちまち大変なこ とが
起こる・・・だとか、あるオフィス街にある会社は、首塚に対して背を向けていてはバチが当たるとして、すべて の机の
向きが首塚のほうを向いている・・・だとか、そういった話は枚挙にいとまがない。
メガテンシリーズでは、実に影の主役とでも言うべき存在で、「2」では魔界の道を開き、「真〜」では東京の守 護者と
してその姿を現し、「真〜U」では、ミカエルらにその身体をバラバラにされてミートくん状態となり、主人公た ちにその
パーツを集めさせたり、と、なんだかよくわからないがとにかく大活躍。その後も魔人や猛将として、最強の隠し キャラ
の定番としてシリーズに顔を見せています。そういえば、緑川ボイスの耽美顔に生まれ変わったこともあったけ ど・・・
あれはもう黒歴史なのかね?
まあ、正直言えば、設定やらなんやらは完璧に、当時ギリギリ話題になっていた荒俣宏の「帝都物語」からのイタ ダ
キなんでしょうけど、シリーズに愛着を持つと、やっぱりこの人の存在感を無視することなど出来ませんな。

いやあ、ワンコインシリーズのシークレットアイテムというと、微妙なアイテムばかり・・・というのはもう、過 去のことだ
といってしまって良いんじゃないでしょうか。個人的に予想していたキャラの中でも一番うれしいのを入れてくれ ると
は、という感じです。
この姿は、「真〜」や「真U」の復活時に見せた落ち武者のような姿のものがモチーフかな?このバージョンのイ ラス
トを見たことがあるような気もしますが。正装(?)版やソウルハッカーズ版も欲しいなあ。
しかし、日本人的にはある意味一番祟りが怖いフィギュアのような気もしますな(笑)。



  
      「真〜」で、何故か一緒に東京を守護してくれていた人たちと。

 






おまけ・真女神転生デジタルデビルアナライズ(とらのあな)・ヴィシュヌ
       
ヒンドゥー教の主神の一つ。秩序や維持、再生を象徴する存在であり、ヒンドゥー教の中では現在も最も多くの人 々
に信仰されている神様。幾つもの変化した姿(アヴァター)を持つことでも知られる。
彼にまつわる神話は非常に多彩で、ここで語り尽くすことなど不可能なので、詳しく知りたい人は専門のサイトさ んへ
どうぞ。
ヴィシュヌもまた、メガテン(特にペルソナ)を代表する悪魔ですね。人気という点ではライバル?のシヴァさん に差をつ
けられてしまっているような気もしますが。

 で、フィギュアですけど、こんな機会でもないと紹介することも無いだろうから、一応。

全然話題にならなかったし、色々な所で売れ残りまくっていたけれども、個人的にはこのヴィシュヌの出来は良 かっ
たと思いますよ。色がなんだか暗いのを除けば。
まあ、最初に買ったら一発でヴィシュヌが出たので、他のアイテムはスルーした・・というのが正直な所だったり します
が(エンジェルとバフォメット、ケルベロスもちょっと欲しかったけど、これ以上買うのは怖かったの で・・・)。
やっぱり、全体的な完成度という点ではワンコインには及ばないシリーズでしたが(不出来なアイテムの存在もそ うだ
けど、何よりも、凄く変な色の単色版の混入が痛かった)、このヴィシュヌ様を見ていると、もしもシリーズがき ちんと継
続していたら、成長が見込めたかもしれないなあ、などと考えてしまいます。そう考えると惜しいシリーズだっ た、とも
言えますね。まあ、アトラスがこれでとらのあなを見限って、コトブキヤに鞍替えした、というのであれば、当然 のよう
に話は別ですが(苦笑)。


ワンコインフィギュア・悪魔召喚録。既に第2弾の発売がアナウンスされているので、こちらも非常に楽しみで す。今の
所、ラインナップはミカエル位しかわかりませんけど、それだけでも期待大。
個人的には、出来れば大物神悪魔の方を優先したラインナップにして頂きたいところですけど・・・それは難しい かも
なあ。うーむ、ヴィシュヌと並べられるシヴァとか、ベルゼブブ、アスタロトといった魔王連中とかが欲しいな あ。



                  戻 る