■ウルトラマンベリアル(SIC素体改造)
 


 








 材料
 ・ソフビ・ウルトラマンベリアル(バンダイ)
 ・SICアクマイザー3のザビタン(バンダイ)

 ・エポパテ
 ・プラ板
 ・エンピツ











SICのアクマイザー3が格安で手に入ったので、前からちょっとやってみたかったSIC素体にソフビを切り貼りする改造をやってみました。














お題はウルトラマンベリアル。ちょうどこいつの可動フィギュアが欲しかったので渡りに船というやつです。













ウルトラマンというのはそのデザイン上、可動がものすごく難しい題材なんですけど、このベリアルの場合は各部にメリハリがあるディフォルメ 傾向の強いデザインのため、こういった改造には比較的適していると言えるのではないでしょうか。
















製作に入る前に、ザビタンの装飾などをすべて剥ぎ取っておきます。
SIC素体の利点は、
・細いのでソフビを着せやすい
・本体PVC部分が意外とやわらかく、簡単に切削できる
ということです。
幸い、ベリアルのソフビは中身が割りと綺麗に空洞になっていてこちらも着せるのにはちょうどいいデザインです。
さっさと着せていきます。














SIC素体の最大の問題点は(どれを使うのか、によるのは当然ですけど)可動がいまいちなものが多いということです。
このアクマイザーもさすがにもう既にちょっと古いだけに、最低限の可動しかカバーしきれません。
















今回、可動部はそのまま使ったり、むしろ邪魔なので潰したりしましたが首の可動は少しだけこだわりました。
首周りの部分だけ大きくソフビを切り抜き、ベリアルの頭部はザビタン頭を削ったものを寝かせて接着、うまい具合にベリアルの独特の姿勢(ベノムっぽい)に なるように調整しながらくっつけていけば、首周りをそれなりに可動させることが可能になります。
















今回最大の失敗は、素体の膝関節が経年劣化かなんかで、開封時既にパリリと割れていたこと。
しかも、ザビタンだけじゃなくてイビルとガブラも全滅。
とりあえず応急処置しています。
















でもまあ、これぐらい動けば良いかな、と。
塗装は写真とかを見たら、赤い部分が意外とウェザリングっぽくなっていたので、メタレッドと黒を混ぜて少し汚してみたら本当に汚いだけになって悲しいで す。


















ベリアルといえば、のギガバトルナイザーも一応製作しました。
















使っていない円柱状のエンピツを芯にパテを盛って柄の部分を作ります。
本物と違ってぶっといのはソフビのベリアルの手で保持できるように、というのと、最初から本物そっくりは投げて、雑でもオーバースケール気味で派手なの を、と考えた結果であります。




















その後、プラ板で本体部分を製作。
プラ板工作にも慣れたいんだけど、なかなかうまくいかないので結局パテを使って雑に仕上げてしまう。



















塗装はつや消し黒の上にパールコートですませたけど、正直、普通に銀多目のガンメタで塗った方がまだよかったか…















手首はソフビでも保持力はそこそこ。むしろ、ギガバトルナイザーの重さに負けてSICの関節がへたれるのが問題点です。














雰囲気が出れば良いかな(これ、毎回言ってるな)、と。













映画の影響もあるけど、やっぱり得物振り回しているのが似合うキャラだと思います。













両手持ちも可能。こちらの方が保持しやすいです。












ギガバトルナイザーの頂点部分には各部にレイブラッドの紋章があったりするそうですよ、本当なら。












ウコバク?











ギガバトルナイザーは所詮プラ板の出来損ないなので、写真撮ってる間にも崩壊が始まりつつあります。













合わせてゼロのソフビも買おうと思ったら、かなり前に捌けたベリアルどころか、ゼロすらもう売ってないでやんの。
というわけで、代理としてメビウスにきてもらいました。

















…たくさんの怪獣軍団を前に指揮を執るベリアルの図も撮りたかったけどうちにある怪獣ソフビは古いバージョンのやつばっかな上に出すのが面 倒なので(20体くらいしかないし)やめときました。
最新バージョンの出来のいいソフビ怪獣たちは、特に集めているわけではないのに売り場を見ているとときたま全部揃えたい衝動に駆られるのは私だけじゃない はず。















                戻る