■ACTIONWORKS・TOEI HERO THE LIVE 01・超人機メタルダー(メガハウス)

 






SIC匠魂みたいなフィギュアから早2年。メガハウスが今度はメタルダーのアクションフィギュアを出してくれました。
 

  

サイズはバンダイのS.Hフィギュアーツと完全に同じ。
基本的に、バンダイが出してくれなさそうな東映ヒーローをフォローの形で出していくシリーズにしたいようです。
しかし、最初のウルトラマンメビウス〜ウィンスペクター→ブラスレイター→これ、と、サイズがどんどん変わっていくなあ、アクションワークス。







  
メタルダーはそもそも、元のデザインや着ぐるみのプロポーションなどがフィギュア化、商品化にまったく向いていないデザインなわけですが、そんな中でこの プロポーションは最大公約数という感じでしょうか。





  
元の着ぐるみのディティールを全て取り入れるのは不可能なので、着ぐるみの印象を最大限活かしつつ、格好よく見えるようにアレンジが施されているのがわか ります。





  
ちなみに、専用のスタンドが付属しており、背中の穴に差し込んで固定できるようになっているのですが、これがまったく役に立たないので、偶然?穴のサイズ がまったく同一なフィグマのスタンドを利用しております。ご注意あれ。

   





   
オープニングのラストカットみたいに。




   
    
「怒る!」
剣流星の体内に秘められた全エネルギーが感情の高まりと共に頂点に達した時、彼は超人機メタルダーに瞬転する。




      
でてんてん

      
てーれー




  
てーれー



  
てー





  
じゃじゃーん


   
しゅーん





     
     「貴様!何者だ!?」(画像は使いまわし)
   


   
   「メタルダーだ」(棒読み)






     
可動はとりあえずフィギュアーツの基本は抑えている感じ。グリグリ動かせます。




 
    
ただ、個体差なのか、うちのは左肩のパッドの接着が腕と密接しており、肩下の回転軸が機能しないような状態になっていました。
とりあえず、パッドを裏から切り削り対処。あと、可動とは関係ないけど、脚部の膝パッドの位置もなんか微妙にズレているような気がしないでもないです(こ れは合わせの形からして、工場の問題ではなく元からだけど)。





    
あとはまあ、やっぱまず目に付く黒い関節でしょうか。
せっかく、「素体の概念にとらわれず一から新造する」のをコンセプトにするなら、フィグマやリボルテックみたいに、銀、
赤、青のジョイントをそれぞれ用意して欲しかったかなあ…
動かしたりしているとそんなに気にならないし、元の着ぐるみの関節部分がアクションフィギュアに落とし込むにはあまりに無理があるのを考えた故の対処でも あるんでしょうけど、モールドなしでもこの3色を使えばあまり違和感なく仕上がりそうな気がするんですが。








   
とりあえずジャンプ。







   
  
Gキック







EDなどでお目にかかれる、あまり格好よくないGキック。
どうでもいいけど、挿入歌の歌詞「レッドファイト・Gキック!/ブルーファイト・レーザーアーム!」からGキックは赤い左半身から、レーザーアームは青い 右半身から繰り出される技なのだ、と割と長い間記憶していたけど、実際にDVD見たら普通に青い右足で蹴ってました。








  

超振動レーザーアーム!




  
  
パッケ内紙はこういうときに便利な、青いあの背景だったりします。そういえば。








  

EDとかで見られるポーズ。







  

レーザーアームも本編だと非常に何気なく使っていますね。








  
 
左手の手刀パーツもついているけど、左手でレーザーアーム使ったことってあったっけ。










 

何故か、OPで剣流星が振るっていた日本刀が付属。何故だ。









まー、メタルダーが使った武器つーと、26話でクールギンの仮面割ったときに使ってたオールくらいしか思い浮 かばないし、いわゆる苦渋の策でしょうか。










  
日本刀用の握り手は右手のみで、おまけに汎用性が低くて他のものを持たせるのは無理なのが残念。
両手ともに汎用性の高い握り手付けてくれれば適当なサイドカーに乗せたり出来そうだったのに。
首の可動見る限り、サイドファントムへの構想はありそうなんだけど…ミクロマンサイズのギャバンのサイバリアンですら8000円もしたってのに、このサイ ズ用のサイドファントムはいくらになるのか考えると恐ろしい、というか、出ない気がする。












  

腕を取り外すことで、第18話でのザーゲンとの対決を再現できます…いや、そら出来るだろうけど。










    

劇場版で、千手観音を見て悟りを開いた際の胡坐も可能。可動範囲の優秀さがよくわかるかと。













付属品に困るメタルダーにとっては鉄板のオマケ・スプリンガー。










  

まあ、犬です。無理矢理可動部でも設ければ面白かったかもしれない(無責任発言)。
ちなみに、部屋が腐海と化していて、ゴーストバンクシリーズが見つからなかったので比較はまたいつか。











 
エンディングの印象的なシーンっぽく。スプリンガーも一緒に。










お約束。第2次世界大戦祭り(キャプテンマーベルはオールスタースコードロンと戦わされたときのヒトラーに操 られてるやつで)。
日本分が少ないので、鉄人やゾル大佐やらビッグXやらも混ぜたいですね。







                 戻る